幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

料理教室

6月の教室のお題は「蛸」です。
蛸の旬は夏で「半夏生」の頃に最も美味しくなると言われています。

ついワンパターンになりがちな蛸のメニューですが、結構どんな調味料、料理法にも合わせやすいのです。


f0323833_13455324.jpg
6月の教室「蛸尽くし」

メニュー

蛸・生刺し(塩山葵添え)

蛸・山椒の塩麹和え

蛸・辛味大根のたれ

蛸・山椒醤油漬け焼き

揚げ浸し

蛸のイボと新生姜の佃煮ご飯


レシピは後日ご紹介致します。

生徒さんが「蛸は口の中でもごもごして飲み込み時が分からない…」というお話をされて、皆さん妙に納得したのでした。
蛸は火入れ、隠し包丁などをきちんとしないと、皮がいつまでも口の中に残って噛みきれないのです。
教室では生の活きている蛸を処理するところから始めます。

既にボイルしてあるものを買われる方が多いかと思いますが、殆どが茹で過ぎの状態です。
皮は火が通り芯はレアーの状態が一番美味しいと思いますので、生蛸を見つけられたら是非試してみてください。


f0323833_13465950.jpg

生徒さんが庭の桑の実を持って来てくださいました。
子供の頃樹から摘んで食べた微かな記憶があるのですが、それも朧で懐かしい野山の風景だけが思い出されます。
甘くてほんのりとした酸味、こんな味だったのですね。


f0323833_13485577.jpg

お茶の時間に皆さんと頂いた残りはジャムに。
実は潰し過ぎないように甘さ控えめで炊き、ヨーグルトに添えて朝食に頂きました。


今日の一曲は
『赤とんぼ』

♪山の畑の桑の実を
 小籠に摘んだはいつの日か♪

木住野佳子のジャズピアノでどうぞ。


Commented by mary_snowflake at 2017-06-17 17:43
tanaさん、私は蛸が大好きなのですが、蛸の料理法をあまり知りません。ワンパターンになってしまいます。レシピを楽しみにしています♡
tanaさんのレシピで、トマトソースや 鰹の塩シメなどなど、作ってみました。とっても美味しく出来ました。ありがとうございます^_^
Commented by Mchappykun2 at 2017-06-18 06:59
蛸、やはり市販の茹で蛸は茹で過ぎですよね。こちらでは生蛸は手に入らないので、日本食料品店で冷凍をとかしたものなので、いつも茹で過ぎだな、と思っていました。市販だと仕方がない部分もあるのでしょうが。。。

こちらでは桑(マルベリー)によく似たブラックベリーがお店に出ています。お庭でなった桑の実なんて素敵ですね。ジャムが綺麗な色で美味しそうです。
Commented by fran9923 at 2017-06-18 09:24
蛸!!tanaさんの蛸料理が一番美味しいように思います。
本当にいろんないただき方があるのだなあ!といつも目からウロコです。
ここでは「目からウロコ」の言葉意外知りません。

私も山で桑の実収穫してジャム作りましたよ。^^
Commented by tanat6 at 2017-06-18 17:41
maryさん
蛸、美味しいですよね。
色々と作ってくださったのですね、嬉しいです。
後日、蛸のあれこれご紹介致しますね。
Commented by tanat6 at 2017-06-18 17:45
Mchappykunさん
流通業しているものは、どうしても火をきちんと入れてあるので茹で過ぎの感がありますが仕方ないことですよね。

ブラックベリーも美味しそうですね。
お庭で桑の実が採れるなんていいですよね。
甘いジャムに仕上がりました。
Commented by tanat6 at 2017-06-18 17:48
franさん
ありがとうございます。
蛸は大好きで何十年も試行錯誤してきましたが、やっと処理の仕方、茹で加減が落ち着いてきました。
蛸、美味しいですものね。

お山の家の桑の実ですね。
そんな贅沢はありませんよね。
いいな いいな~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-06-17 16:54 | 料理教室 | Comments(6)