幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

かずらをamu人

昨年の春のことでした。
私は「或る列車」に乗りたくて、友達4人で申し込みをしました。
期間限定のとても人気のある列車で、応募の多い日にちは抽選ということでしたが運よく4人分のチケットを入手しました。
4月下旬の運行日に合わせて旅行を計画し、私は友達よりも一日早く出てamuさんの所に伺う予定でした。
ところが、その10日ほど前のことです。
あの熊本地震のニュースが飛び込んできて、日を追うごとに悲惨な状況を目の当たりにすることとなりました。
交通網の心配ももちろんでしたが、それ以上に大変な思いをされている方の地域にのこのこと遊びにいくなんてことはできませんでした。
「或る列車」はキャンセルとなりました。

あれから1年、やはり「なんじゃもんじゃ」の花とamuさんの作品に会いたくてお邪魔することとなったのです。


f0323833_01080338.jpg

ブログの写真では拝見していましたが、実際に見るとその大きさと(大きな物は数メートル)網目の美しさに圧倒されてしまいます。


採取にあたっては翌年も新しい芽吹きを期待できるよう
必ず芽を残します。
作品に適した貴重なかずらを必要な分だけ採取し
1本残らず生かせるように心がけています。


ブログに記されているamuさんの言葉です。
その言葉どおり、どの作品もとても優しく静かに微笑んでいるかのようです。


f0323833_01052872.jpg

この乱れ編みの籠は我が家へお嫁に来ることになりました。


f0323833_01063605.jpg

途中で編むのを止めていると仰っていましたが、ツルムラサキの花がとても良く似合っています。


f0323833_01042846.jpg

次の作品の為に出番を待っているamuさんの宝物。

数多の困難を乗り越えて独学でかずら作家として成功を収められたamuさん、神さまは試練と共に素晴らしいご褒美もくださるのですね。
次回は是非、かずらを編みに伺いたいな。


f0323833_00570613.jpg

ブログに時々登場するヤギの太郎くん。
可愛いだけではなく、雑草を食べてくれるというちゃんとした役目があるそう。


今日の一曲は
『Adagio』

アダージョはイタリア語で「ゆっくりと」とか「緩やかに」という意味。
amuさんのまわりの時間は、諫早の自然と共に静かにゆっくりと流れているようです。
イル・ディーボでどうぞ。




Commented by nayacafe-2950 at 2017-04-29 07:41
太郎君、可愛いですね。ちゃんとお仕事してるとは、イイ子!!
ご紹介のamuさんブログを訪問してみました。
作品の緻密さと大胆さ・・・素敵です。花籠の丸いフォルムが愛らしくて・・・
生けられた草花が喜んでいるようでした。それにしても
カヅラを編むって力が要るのでしょうね。感性と体力・・・

「なんじゃもんじゃ」の花も美しかったです。(見た事なかったです。)

素敵な旅・・・満喫ですね!
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-29 08:31
自然のものを利用して、手作りをする。憧れです。
昔、色々な趣味を持っていた母が、アケビの蔓でカゴを編むことをしていたことを思い出しました。
Commented by yasushi-shi at 2017-04-30 00:28
とても素敵な作品ばかりですね。tanatさまのところにやってくることになったかご、網目もさることながら取っ手が!くるんくるんと巻き付いていますがこれはそういう個所を見つけて出来上がったものなのでしょうか?植物ですし、さすがにここまで編むことはできなさそうですし。だとしたらとても貴重なご縁のもとに作品になっているのですね。
Commented by tanat6 at 2017-04-30 11:16
nayacafeさん
太郎君 いい子ですよね~

私はブログで偶然amuさんの作品を拝見してからファンになってしまいました。
大きな作品も小さな作品も 自然の贈り物であるかずらに対する真摯な思いと感謝が溢れています。
amuさんの籠の口や持ち手は、流木や山の枯れ枝で作られているんです。

なんじゃもんじゃの花 きっとnayacafeさんもお好きだと思いますよ~
機会があれば是非…
Commented by tanat6 at 2017-04-30 11:19
Mchappykunさん
お母さま お茶をなさっていたのでしたよね。
編まれた籠にステキなお花を活けられていたことでしょう。
ものを作るって憧れです。
Commented by tanat6 at 2017-04-30 11:32
yasushiさん
私、2年以上前からamuさんの作品のファンなんです。
以前にも作品を送っていただいたことがあったのですが、どうしても工房を拝見したくて押しかけてきました。
amuさんの籠の口や持ち手は、流木や山の中の自然な枝で作られています。
そのままで使える時と、少し熱を加えたり結えてゆっくり曲げられたりもするようです。
Commented at 2017-04-30 13:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanat6 at 2017-05-01 10:09
13:46の鍵コメさん
ありがとうございます。
後ほどそちらに伺いますね。
Commented by LelandGrait at 2017-08-15 10:33 x
301 Moved Permanently
<a href=https://www.viagrapascherfr.com/>Show more...</a>
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-04-29 06:00 | | Comments(9)