幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

花山椒でいろいろ

先日は幸せな鍋をいただいてしまいましたが、まだ花を摘んだあとの柔かい葉がたくさん残っています。

f0323833_12134572.jpg

「玄関に筍置いておきました~」という友達からの嬉しいメールが届き、一品は定番の筍の炊いたの。
ちゃんと下茹でも済ませてあります。


f0323833_12120134.jpg

筍と原木椎茸をことことと炊き、木の芽を天盛りにします。

まだまだあります。

f0323833_12125273.jpg
山椒の葉の佃煮


アク抜きをするかしないか迷ったのですが、shinさんが「出始めの柔かいものはアク抜きいりませんよ~」
と言ってくださって、アク抜きなしで佃煮に。
今の時期の山椒は、軸も棘もほわほわに柔かいのです。


出来上がった佃煮を使って二品。

f0323833_12101374.jpg
豚肉のソテー・山椒のソース



f0323833_12110741.jpg
山椒のふりかけ


材料
佃煮
 山椒の葉 100g
 醤油   20cc
 酒    20cc
 味醂   少々
①調味料を煮立たせたら山椒の葉を入れ、弱火にして10分蒸し煮にする。
②蓋を取り、混ぜながら水分をとばし煮切る直前に火を止める。

ふりかけ
 いりこと佃煮を3:1くらいの量
①いりこは頭と腹を取り除き空煎りをしておく。
②①をFPで細かくしたあと擂り鉢でよくあたり粉状にして金網で濾す。
③佃煮を擂り鉢でよくあたり、②を戻し混ぜ合わせる。

温かいご飯に振りかけても、お結びの具にしても美味しく重宝します。


両親が健在だった頃は、春になると祖父の山の筍と山椒の葉がどっさりと届いていました。
いつまでもあるものだと思っていた田舎の恵み、無くして気づくことの何と多いことでしょう。

今日の一曲はお休み。
かわりの一句。

  ふるさとは遠くして木の芽
           種田山頭火
  







Commented by hibinosara at 2017-04-24 16:17
山椒のふりかけ、おいしそうですね。真似してみたいです。
先日、山椒の佃煮はたけのこと剣先イカの焼きそばのアクセントに散らしました。

花山椒羨ましいです。
確か、このごろではもうすっかり花の香りが立たなくなったと白州さんがおっしゃっていた記憶があり、
その言葉がずっと残っています。
築地でも花山椒が出回りはじめました。いいお値段です。
Commented by thesakana at 2017-04-24 17:58
昨日のこと、わが家の玄関前にも留守の間に筍が置いてありました。
同じように「置いておきました」の友人からのメール(笑)
「山菜は下拵えが忙しないけど、ありがたいねぇ」と連れ合いと先ずは筍ご飯を楽しみました。

先ほど花山椒を少々摘みました。指の匂いを楽しんでいます。
Commented by yasushi-shi at 2017-04-24 22:19
サンタさん?筍を置いていってくださるだなんて!
処理後の様子の美しいこと。皮を剥いだ後の数学的な段々ときたらもう。。
山椒のふりかけ、ふわふわですね。このようにいただけることを存じ上げませんでした。丁寧な作業の末に生まれるおいしいもの。香りたかいのでしょうね、おいしいのでしょうね、もうもうほんとに興味津々です。
tanatさまのところで拝見するものすべてが新鮮で、惹きこまれてしまいます。
Commented by tanat6 at 2017-04-24 22:56
hibinosaraさん
本当は他のものになる予定だったのですが、途中でふりかけに…
これ便利ですので、お試しください。

花山椒、里のものより山のものの方が香りが高くて美味しいらしいです。
でも山の中に摘みにいかなくてはなりませんから、都会に住んでいると難しいですよね。
買うとかなりのお値段のようですね。
くださった方に感謝です。
Commented by tanat6 at 2017-04-24 23:00
duoさん
山菜のアク抜きや魚の下処理をしてくださっていると、忙しい時は嬉しいですよね。
私も筍料理の中で筍ご飯が一番好きかも…です。

花山椒摘まれたのですね。
是非ぜひ白洲正子の花山椒鍋 お試しください。
Commented by tanat6 at 2017-04-24 23:08
yasushiさん
季節外れのサンタさん 来ました~(笑)
>数学的な段々…なるほど そんな比喩があったとは脱帽です。

ふりかけ、本当は母が作ってくれていた山椒醤油を作ろうと思っていりこを摩っていたのですが途中で分からなくなってしまったのです。
元気な頃ちゃんと聞いておけば良かった…
というわけで、途中で変更して偶然出来上がった産物なのです(苦笑)
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-25 08:15
今回は日本で思いっきり筍を楽しみました。でも、山椒はこれほど沢山はありませんでしたが。山椒を天盛りにするほど我が家の山椒の葉っぱが出てくるのは何年後でしょうね。佃煮にふりかけ、良い香りがここまで漂ってくるようです。
Commented at 2017-04-26 09:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanat6 at 2017-04-27 22:31
Mchappykunさん
出かけていてお返事遅くなりました。ごめんなさい。
筍の時期で良かったですね。
山椒もほんの一時のご馳走ですもんね。
小さな木でも山椒があるといいですよね。
Commented by tanat6 at 2017-04-27 22:33
09:01の鍵コメさん
ご丁寧なコメントありがとうございます。
気にかけてくださって とても嬉しいです。
またゆっくり伺いますね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-04-24 13:37 | 料理 | Comments(10)