幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

仕込み

以前「稚鮎の魚醤作ります!」と宣言してから、魚屋さんに稚鮎の姿がなくなりどうしようかと思っていました。
もう遅いのかなぁ…と心配していたのですが、先日見つけました。


f0323833_13114234.jpg
稚鮎魚醤の仕込み



今回は塩の他に麹も入れています。
さてどうなりますことやら、ご報告は1年後。



f0323833_13103870.jpg

たくさんの花山葵を分けていただきました。
こちらも鮮度が命、新鮮なうちに急いで仕込みます。


f0323833_13092523.jpg

春のtanaの教室は必ず桜鯛が主役で登場するのですが、皆さん何度も実習されましたので今年は鯛さんには脇役にまわってもらいます。
主役は春の山菜と色々な貝類。
花山葵も明日の教室のメニューに彩りを添えてくれることでしょう。
キッチンでは筍の下茹でのいい香りが漂っています。

お越しくださる皆さん、楽しみにいらしてくださいね。


桜も散り時を得たように柔らかな空に舞っていきます。

f0323833_13171604.jpg
花筏



今日の一曲は
『KOJO NO TSUKI』

「Straight,no Chaser」のアルバムに収録されているセロニアス・モンクの演奏。
モンクは最初この曲の題名が分からず、『Japanese Folk Song』とクレジットしていましたが、CD化される時に
『Japanese Folk Song…Kojo no Tsuki』という副題が付けられたそう。
モンクの素敵なジャズアレンジでどうぞ。

Commented by thesakana at 2017-04-13 18:58
私もイワシで作ろうと思っているのですが、手頃なサイズを見かけなくなりました。
ハタハタは安くでたくさん出ているので、路線変更するかな?と検討中です^^。

花山葵、どんな料理になるんでしょうか?楽しみですねぇ。
私は今夜、遅ればせながらですが葉山葵の醤油漬けを仕込みます。
Commented by small-talk at 2017-04-13 22:23
仕入れも大変ですね。
山登りは天候次第ですが、料理も天候次第ですものね。
お薦めの"Kojo no tsuki"聴いてみました。
アレンジが凄いですね!
Commented by tami-yuzu at 2017-04-14 01:22
こんにちは♪
魚醤楽しみです!作ってみたいなあ。
1年もかかるんですね。
結果お待ちしてます。
そういえば魚醤って味わったことが無いかも、、、。
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-14 08:02
稚鮎の魚醤ですか。楽しみですね。
花筏とは、日本語は美しいですね。
私のアメリカ人の歌の先生が「荒城の月」を日本のヘンデルと評しました。24歳の若さで逝った瀧廉太郎が惜しまれます。
Commented by yasushi-shi at 2017-04-14 08:13
稚鮎、きれいですね。すっきりした仕上がりになるのかしら。やはり海のお魚と川のお魚とでは味わいが違うのかななどと想像が膨らみます。一年後が楽しみですね♪
Commented by africaj at 2017-04-14 16:02
あ、麹入り!分量とかどうされましたか?
楽しみ楽しみ♪
花わさび、こちらでも八百屋さんで見かけたのですが、どうされるのでしょう。
大きな葉っぱも売ってました。
上手にお料理したいのですが、師匠、山葵はまだよくわかりません~。

Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:12
duoさん
稚鮎も少し大きくなりかけていました。
ハタハタで……しょっつるですよね、きっと美味しいと思います。

葉山葵の醤油漬けもいいですよね。
お酒飲み過ぎ厳禁ですよ。
花山葵は二杯酢に漬けました~
Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:15
small-talkさん
ほんとうに写真も料理もお天気次第ですね。
自然の贈り物ですもんね。

Kojo no Tsuku 聴いてくださったのですね。
モンクのアレンジ凄いでしょ(笑)
Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:19
tamiさん
魚醤、小さな鰯でも作れますよ。
炒め物、椀ものなど隠し味に使うと味が引き締まりますよ。
1年先 待っててくださいね~
結果が良くても悪くても ご報告しますね。
Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:27
Mchappykunさん
いつもは小鰯のアラで作るのですが、稚鮎は初めての試みるです。
うまくいくといいのですが…

花筏って美しい比喩ですよね。

モンクは来日の時に「荒城の月」のオルゴールを送られてジャズアレンジをしたそうです。
Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:30
yasushiさん
小鰯の魚醤はかなりしっかりとした味です。
鮎の魚醤を仕込むのは初めてなのですが、以前市販のものをいただいた時は優しい味でした。
今回は麹を入れているので どんな味に仕上がるのか楽しみです。
Commented by tanat6 at 2017-04-14 18:33
africaさん
麹、africaさんのコメントで入れてみようかなぁと思い、shin先生に聞いてみました~(笑)
乾燥でも生でもいいので1割くらい入れる…と教えてもらいましたよ~

花山葵は二杯酢に漬けてみました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-04-13 13:53 | 料理 | Comments(12)