幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

「悠然いしおか」で女子会

全てのことが滑らかにするすると進んでいく時もあれば、何かに躓いて先に進めない時もある。
春先はくるくると変るお天気のように様々な思いに捉われる。
4月は旅立ちの季節、花散らしの雨がやんだらまたとことこと小さな日常を歩みましょう。

先日は遠方からの友達も交えて「悠然いしおか」で女子会。
楽しいイベントを少しずつ入れておくと、普通の日常も頑張れます。
その日は、全員何らかの形で料理に携わる仕事をしている友達が揃いました。
料理への関わり方、目指す方向性は違っていても、共通の話題があるというのは嬉しいことです。


f0323833_11542527.jpg
飯蛸ジュレかけ
(山葵の茎をみじん切りにしたジュレ)


f0323833_11540177.jpg
椀もの
鮎魚女・筍・生若布・蕨



f0323833_11533375.jpg
お造り
烏賊・鰆炙り・アコウ



f0323833_11530067.jpg
赤貝と野生のあさつきのヌタ



f0323833_11522624.jpg
蒸し物
穴子・生湯葉



f0323833_11514807.jpg
焼き物
甘鯛鱗焼き・田芹の胡麻和え・蕗の薹味噌
(蕗の薹味噌はナッツ入り)



f0323833_11490248.jpg
小河豚の唐揚げ・焼き玉葱



f0323833_11482081.jpg
筍ご飯
鯛・筍・菜花



乾杯の生ビールの後いただいたお酒はこちら。


f0323833_11500756.jpgf0323833_11493712.jpg
左・扶桑鶴を熱燗で…島根県益田市「桑原酒造」

右・神雷を冷やで…広島県油木「三輪酒造」


いつもながら安心していただける丁寧で確かな仕込み。
優しくて透明で、こんなお料理が作りたい…という憧れの味です。
「ごちそうさまでした」



f0323833_11471346.jpg

桜も盛りを過ぎ、今年も締める機会を逸してしまった桜の帯、来年こそはきっと、多分…。

今日の一曲はお休み。
かわりの二句。

 夜桜を見にゆく帯を締め直し

 九十年生きし春着の裾捌き

          鈴木真砂女








Commented at 2017-04-11 16:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mchappykun2 at 2017-04-12 01:56
いつもながら美しく丁寧なお料理ですね。今回の日本では時間がなく、広島まで足を延ばすことができませんでしたが、次回はぜひ訪れたいです。
tanaさんは函館へいらしていたのですね。駆け足で読んで参りました。観光客のいない3月の北海道も、また素敵ですね。写真がとても綺麗です。(それは腕が良いということですが。)
7年ぶりの日本、2週間はあっという間でした。こちらへ戻ってきて、ホッとする間も無く、日常に埋没しています。
Commented by tanat6 at 2017-04-12 09:31
16:10の鍵コメさん
嬉しいお言葉ありがとうございます。
後ほど そちらにうかがいますね。
Commented by tanat6 at 2017-04-12 09:36
Mchappykunさん
おかえりなさい~(と言うのもへんですね…笑)
久しぶりの日本、ご家族の皆様、お友達 とても喜ばれたことでしょう。
あっという間の2週間だったことと思います。
私もちょこっと北海道に行ってきました。

次回は是非shinさんの処で ご一緒しましょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-04-11 13:51 | お気に入りの一軒 | Comments(4)