幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

3年の眠りから醒めて

大好きなブロガーさんの記事に魚醤のお話がありました。


綺麗な料理写真は巷にたくさんありますが、匂いや温度まで伝わってくる写真は少ないものです。
何気なく撮られているように見えますが、実は計算され尽くした構図。
たぶんプロの方なのでしょう。
いつかこんな料理写真が撮ってみたいものです。

そんなhibinosaraさんの記事を読みながら、はたと思い出しました。

我が家の魚醤。


f0323833_00380228.jpg


広島は小鰯がとても美味しいので、私はアンチョビーは切らさず手作りしています。
その時に出る大量の小鰯のアラで魚醤が作れるということを料理人のshinさんに教わりました。
いつもは2ヶ月くらい熟成させると使ってしまうのですが、実は3年間熟成(いえ放置)しているものがあるのです。
台所の隅っこの棚から引っ張り出し、恐る恐る蓋を開けてみました。


f0323833_00102587.jpg

腐っているかもと思いきや、とてもいい匂い。
でも果たして食べていいのかどうか心配で、shinさんにお聞きする。
「大丈夫です。絶対に美味しくなっていますよ!」
というお墨付きをいただき、舐めてみると何ともいい味ではありませんか。


f0323833_00082054.jpg

キッチンペーパーで濾し、ボールに溜まったお汁が3年物の魚醤。
濾しきれなかった小骨や頭は魔法の粉になるそう。

ずぼらなtanaの性格が幸いして、思わぬ熟成魚醤が出来上がりました。



さて、またまた問題。


f0323833_23481889.jpg

これは何でしょう。

以前のトリ貝に較べると簡単ですよね。
正解は次回のお楽しみ。



今日の一曲は
『I´ll close my Eyes』

邦題は「瞳を閉じて」
小鰯の瞳はぱっちりと開いたままでした(恐かった…)
ブルー・ミッチェルでどうぞ。




Commented by hibinosara at 2017-03-19 08:04
おはようございます。
魚醤、とろりとしておいしそうです。
時間の匂いが立ち上がってきています。
たぶん、こっくりとした、甘い香りも含んでいるのではないかなあ、と想像しています。
魔法の粉も楽しみにしていまーす。

リンクありがとうございます。
てれています(笑)

クイズ
平貝ですか?
Commented by tanat6 at 2017-03-19 21:59
hibinosaraさん
魚醤、塩っぱさも角がとれて コクのなかに小鰯の旨味がギュッと詰まっているんです。
部屋中に匂いがたちこめてクラクラするほどでした(笑)
魔法の粉もupしますね。

ご迷惑かなぁ…と思いながらリンクいただいてしまいました。
いつもブログを拝見するたびに、心の奥にポッと灯りがともったようなしみじみとした気持ちになります。

クイズの答え 明日までお待ちくださいね~
Commented by africaj at 2017-03-19 22:07
え?魚醤いつもは2ヶ月でつかっちゃうのですか?
そのくらいで使えるのですか?
私も、お話伺ってから早速仕込んで、まだ一年経ってません。三年待とうw
tanaさんのは、三年たっても、こんなに頭の形残ってるんですね。
全部溶けちゃうのかと思ってました。
魔法の粉、どんな使い方するんでしょう?
Commented by tanat6 at 2017-03-20 11:25
africaさん
本当は1年は熟成させたほうがいいんですよ。
でも2~3ヶ月でも使えないことはありません(まだ馴れていませんが)
私は しょっちゅうアンチョビーを作るので どんどんたまっていき、置き場に困るので使っちゃうんです。
でも まだ塩が勝っています。
1番長いもので1年置いていましたが、3年は魔法の味でした!
Commented by kei-kana38 at 2017-03-20 16:42
こんにちは。
3年熟成ってすごいですね。
私だったら、忘れてしまいそうです(笑)。
時間が美味しくしてくれるものって、いいですね~。
私はなかなか手作りできませんが。

tanaさんのブログ、最近クイズもあって、楽しませてもらっています。

Commented by tanat6 at 2017-03-20 20:58
kei-kanaさん
私も忘れていたんですよ。
忘れるっていうのも いいものだなぁ…って。
覚えていると つい中身を覗きたくなるでしょ。

時々クイズもいれていきますね~(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-03-19 06:00 | 料理 | Comments(6)