幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

弥生の料理教室

f0323833_16423662.jpg



やわらかな葉がさわさわと揺れ
ぴかぴかの光が降り注ぐ春。

冬が終わりを告げる頃から
幻を抱き締めている夢をみる。
両腕の温もりも匂いまでも
はっきりと覚えているのに
顔だけが分からない。
あれは冬の幻影なのかなぁ…


f0323833_16072026.jpg



私の故郷のお雛祭りは4月3日でした。
北国の3月3日はまだ春は名のみで
雪の残っていることもあるのです。


今月の料理教室は
少しお雛様を思い出して
メインは蛤ご飯。
炊きこまないで
蛤の甘さとふっくら感を味わいます。


f0323833_16060768.jpg

3月のメニュー

蛤ご飯

鯛の塩麹漬け

お造り
さより・生トリ貝・甘海老

酢味噌和え
蛍烏賊・菜花・庄内あさつき

天麩羅
葱坊主・空豆・島らっきょ



今月は取り立てて変ったメニューはありません。
けれど丁寧にお出汁をひき
味噌地から練って酢味噌和えを作ります。
普通の料理も
春風のように優しくて良いものです。



今日の一曲は
『Up where We belong』

春は旅立ちの季節。
眩しい未来も
去り行く昨日も
どちらも愛しいもの。

邦題は「愛と青春の旅立ち」
サリナ・ジョーンズでどうぞ。



Commented by nayacafe-2950 at 2017-03-17 21:47
いくつになってもお雛祭りはukiukiします。
そんな日、こんな華やかなお料理が出てきたら
踊りだしてしまうかも・・・
お料理教室は無理だけど、こんなお店があったらいいなぁ!
ちなみに岡山も4月3日のところもあります。
Commented by tanat6 at 2017-03-18 09:23
nayacafeさん
大人になっても やはりお雛祭り いいですよね。
今はもう小さなお雛さまをちょこっと出すだけですが…

もう少し歳をとったら ひっそりとジジババ専用の食堂なんてどうでしょう…
入店資格は半世紀以上生きていること(笑)
お店のリノベはもちろんnayacafeさんで~!
Commented by vinojapon at 2017-03-18 17:58
蛤ごはん、ごはんなれど日本酒を呼んでしまいそうな風情ですね。
蛍烏賊や白魚、のれそれも店頭に並ぶようになってきました。
そうした食材を見ると、お酒選びにも力が入るのは私だけでしょうか^^。
Commented by tanat6 at 2017-03-19 01:12
vinojaponさん
ほんとうですね。
蛤ご飯をちょびちょび摘まみながら お酒飲めそうですね~

春の魚介類もそろそろ揃い始め、嬉しい季節です。
先日の教室の時も生徒さんが
「お酒 欲しいです~」と言われていました(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-03-17 16:31 | 料理教室 | Comments(4)