「ほっ」と。キャンペーン

幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

雪中四友のひと皿

春には春の冬には冬の花があり、厳寒に耐えて咲く花は凛として美しい。
「雪中四友」とは冬に咲く四つの花、梅、蠟梅、水仙、山茶花。
今日も粉雪の舞う寒い一日ですが、冬の花園に見立てたひと皿をお届けします。


f0323833_16422589.jpg
烏賊・帆立と野菜の卵黄ソース



材料
 烏賊
 帆立
 ミニ大根・ラディッシュ・独活・うるい・菜花・セルバチカ

①烏賊は隠し包丁を入れ湯引きにする。
②帆立は生で横に三枚にスライスをする。
③独活は酢水に放してより独活に、うるい、菜花はさっと湯通しをし、他の野菜は適宜切り揃える。


f0323833_16415638.jpg
卵黄ソース

 

材料
 醤油漬けの卵黄 2個
 アンチョビー  1枚(フィレ)
 ケッパー    3個
 EXオリーブ油  大匙2

作り方
①卵黄は味醂少々を加えた醤油に半日漬けておく。
②アンチョビー、ケッパーはみじん切りにする。
③全ての材料をよく混ぜ合わせてソースとする。

シャンパンか白ワインに合わせていただきたいひと皿。



f0323833_16405020.jpg

今日も甘い一曲
『My one only Love』

邦題は「ただひとつの恋」
ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマンでどうぞ。








Commented by thesakana at 2017-02-10 19:16
目にも艶やかなひと皿、素晴らしいです。
卵黄とアンチョビー、どんな味なんでしょ?とても気になります。
シャンパンか白ワインも良さそうですが、やっぱり燗がつけたいです^^

My one only Love、いい曲ですね。
でもこんな甘~いバレンタインは無縁です f^^;;
Commented by small-talk at 2017-02-10 20:56
アンチョビ入りのソースですか。
これは美味しいそうです。
余ったら、パスタにまぶせば、即席のカルボナーラになりそうです(笑)
Commented by Mchappykun2 at 2017-02-11 03:35
綺麗で遊び心いっぱいの素敵な一皿ですね。
最近こういう遊び心を忘れていて、反省。
Commented by tanat6 at 2017-02-11 10:52
duoさん
ありがとうございます。
やはり燗ですか~
ソースをちびちび舐めながらでも いけるかと思います(笑)

いえいえ ロマンチックなバレンタインをお過ごしくださいませ。


Commented by tanat6 at 2017-02-11 10:53
small-talkさん
パスタのソースでも いけるかもしれませんね。
残ったら試してみます~
Commented by tanat6 at 2017-02-11 10:55
Mchappykunさん
時々こういう遊びをしてみたくなります。
先日からのお野菜が ちょこちょこ残っていましたので、使い切ってみました。
Commented by africaj at 2017-02-11 16:30
ほわあああ、こんなひと皿がおうちで出したら旦那さまに惚れ直されますね。
そうか、14日も近いですもんねw
tanaさんの旦那さまはこんなのが普通に出てきちゃうのだから惚れ惚れですねっ♡
このソース、いいですね!!
泡立てないザバイオーネソース和風って感じですね。
付けて食べるのに向いていて、これは作ってみます!!
Commented by tanat6 at 2017-02-11 23:29
africaさん
夫は「面倒だから最初から全部混ぜてくれ」っていう表情ありありです(笑)

ザバイオーネソース、ホワイトアスパラなんかに添えるあれですね。
その醤油版みたいな感じ?
にんにくとかチーズとか洋酒とかもいれようかなぁ…とも思ったのですが、色々アレンジしてみてくださいね。
Commented at 2017-02-12 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tanat6 at 2017-02-12 23:12
22:07の鍵コメさん
もう~ 誉めすぎです…
でも ちょっと嬉しい(本当はすっごく嬉しいです)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-02-10 17:21 | 料理 | Comments(10)