「ほっ」と。キャンペーン

幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

巻き巻き二品

新鮮なお造りも好きですが、翌日の昆布締めはまた格別の美味しさです。
刺身の状態にしてしまったものは30分~2時間、サクの状態であれば一晩締めても大丈夫です。

今日は昆布締めにした平目(他の魚でも)を白板昆布で巻いて二品。


f0323833_00245650.jpg
平目と山葵漬けの白板昆布巻き



f0323833_00242845.jpg
平目とカラスミの白板昆布巻き



山葵漬けはみじん切りに、カラスミは荒削りにしておきます。
白板昆布はさっと酢に潜らせておきます。
巻き簾、白板昆布、平目、山葵漬け(カラスミ)の順に乗せて巻き、ひと口サイズに切り揃えます。


今日は氷雨、熱燗でもつけましょうか…


今日の一曲は
『Misty』

カクテルの「ミスティ」は、Mistyのジャズナンバーにちなんで作られたもの。
ドライジン、ドライベルモット、アイリッシュミストを20mlずつステア。
エラ・フィッツジェラルドでどうぞ。




Commented by thesakana at 2017-02-07 08:03
まずひと目見ただけでお酒が1合は飲めそうな予感。
山葵漬けの方を受けているのは雪の下でしょうか?
箸をつけるのがもったいないような盛り付けですね、うっとりします^^。

エラのMistyもお酒によく合いそうです。
Commented by tanat6 at 2017-02-07 13:42
duoさん
ありがとうございます。
今年は いい鯖になかなか出会えなくて、バッテラ用の白板昆布が大量に残っているのです。
雪の下 ピンポンです。
我が家の庭の隅っこに生えています。

エラの馥郁とした歌いっぷり、いいですよね~
Commented by kei-kana38 at 2017-02-07 21:25
こんばんは。
美味しそ〜う。
熱燗がすすんじゃいますね。
昆布締めした時に今度私も巻物にしてみます。
Commented by Mchappykun2 at 2017-02-08 01:30
私はお刺身よりどちらかというと一仕事したものの方が好きになりました。白板昆布、良いですね。こちらでは手に入らないものの一つです。
日本で氷雨というと、氷のように冷たい雨のことだと思いますが、東にいた時は、文字どおり、氷の雨が降りました。地上の方が冷たいので、雨が地上のものに触れた瞬間に凍ります。木はガラス細工のように綺麗ですが、道路は一面アイススケート場になり、この上なく危険で、学校はお休みになります。まともに歩くこともできませんでした。
Commented by africaj at 2017-02-08 12:02
う、うわあああ!!なんてすごい贅沢な取り合わせでしょうか!!!
白板昆布!さらに昆布締めの平目にカラスミ・・・にわさびの葉。。。絶句。

昆布締めで使う昆布は日高で良いですか?
私、まず教わった魚ライフを目指して魚やさん探してますが、
一匹買いしたらまずは昆布締めにしたいですっ。
Commented by tanat6 at 2017-02-08 12:35
kei-kanaさん
巻き巻きにすると摘み易くて、アテにはいいですよ。
詰めるとか巻くとか結構好きなんです。
昆布締め美味しいですよね。
Commented by tanat6 at 2017-02-08 12:43
Mchappykunさん
昆布締め美味しいですよね~
白板昆布、日本でも普通にはなかなか置いているお店がないですので、そちらでは手に入りにくいですよね。

氷の雨、聞いているととても幻想的で美しい景色を想像しますが、住んでいらっしゃる方は大変ですよね。
Commented by tanat6 at 2017-02-08 12:52
africaさん
白板昆布 好きなんです。
バッテラには必需品ですしね。

昆布に関しては、本当に好みがあるんですよね…
京料理の方は真昆布を使われる方が多いです。
shinさんは料理によって、利尻、真昆布、羅臼などを使い分けていらっしゃると思います。
私は椀ものには真昆布か利尻、煮物や佃煮には羅臼を使います。
日高は余り使わないのですが悪くはないと思います。
昆布締めの場合は、私は利尻か羅臼を使っています。
昆布は色んな種類を使ってみて自分の好きな昆布の味を探してみてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2017-02-07 00:48 | 料理 | Comments(8)