幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

宝石箱ご飯

「雄の蟹は足を食べるが、雌のほうは甲羅の中身を食べる。それはさながら海の宝石箱である」
ー開高健「越前ガニ」よりー

開高健の愛したせいこ蟹(香箱蟹)、それは開高丼として越前町の「こばせ旅館」で裏メニューとして提供されました。
内子や外子がびっしり詰まっていて、雄よりも好む人もいます。

入荷が心配されましたが、昨日の教室でも一杯ずつ皆さんに味わっていただくことができてほっとしています。


f0323833_11244004.jpg

多めに仕入れて、夜は開高丼ならぬ蟹ご飯。
味付けはお塩のみです。

2ヶ月だけの漁期、小さくて身をとるのが大変ですが是非いまの時期味わってみてください。
お値段も落ち着いてきました。

11月の教室のメニューは明日からご紹介いたします。



f0323833_11251213.jpg

毎年クリスマスカードを届けてくれる友達。
今年も来ました。
クリスマスイベントに縁のない我が家には、唯一の嬉しいクリスマスバージョンです。

今日の一曲は
『Don´t save it all for Cristmas Day』

クリスマスだけじゃなくて、いつでも愛を…みたいな意味でしょうか。
セリーヌ・ディオンでどうぞ。

Commented by fufugohan at 2016-11-25 13:06
こんにちは(^^♪

寒くなって来ましたが、寒くならないと出回らない美味しいものも沢山あって、楽しみですね(^_-)-☆
我が家も、せいこ蟹大好物です(*^^)v
越前町まで、車で1時間半で、行けちゃう嬉しい距離の我が家は、毎年、越前町の民宿に、ずわい蟹を食べに行くのも、楽しいイベントの一つなんです(●^o^●)
でも、せいこ蟹は、ご近所のスーパーに、この時期当たり前に並んでるので、毎年恒例炊き込み御飯にしてます。
身を外すのは、一苦労ですが、何にも考えないで、ひたすら蟹の身を外す作業は、私には、結構楽しいことなんですよ(^^♪

開高丼!これ、聞いた事あります。
季節になると、お話の旅館は、開高丼を求めて沢山のお客様が、いらっしゃるそうです。
なかなか予約も取れないらしくて、いつか食べてみたい逸品です(#^.^#)

蟹を使ったお料理教室は、美味しい香りが充満してて楽しそうです(^^♪
皆さんと楽しい語らいの時間も楽しそうですね(^_-)-☆
羨ましいです(#^.^#)
クリスマスは、幾つになっても、心躍るイベントです(#^.^#)
tanaさんも、楽しい時間を過ごしてくださいm(__)m
Commented by fran9923 at 2016-11-26 09:12
瀬戸内に育った私は渡り蟹かモクズ蟹ばかりで、他の蟹にはあまり馴染みがなく、香箱蟹はどこかで1〜2度しか食べたことがありません。こちらで美味しそうな蟹のお料理を拝見して、こんな食べ方があったんだわ!と目がさめるようです。^^
Commented by small-talk at 2016-11-26 09:56
贅沢ですね!
駅弁などでも、蟹飯があると思わず手を伸ばしてしまいます(笑)
そう言えば、宮脇俊三が、蟹はお見合いの席に向く、なんて書いていましたって。
つまり、食べる際、身をほじるのに手間が掛かるから、初対面で会話が弾まなくとも間がとれる、のですね。
Commented by tanat6 at 2016-11-26 13:29
fufugohanさん
越前町まで1時間半ですか~
何て羨ましいんでしょう!
ずわい蟹、雄も雌もそれぞれに美味しいですよね。

開高丼 有名ですもんね。
昔、こばせ旅館の近くの海の前の旅館(名前忘れました)に泊まったことがあります。
蟹ももちろん美味しかったのですが、冬の日本海の景色に魅了されました。
また行きたくなりました。
Commented by tanat6 at 2016-11-26 13:35
franさん
モクズ蟹、ご存知ですか~
ツウですね。
瀬戸内でもモクズ蟹 知らない方も多いんですよ。
私も大好き、上海蟹に似ていますが、上海蟹よりも美味しいと思います。
渡り蟹も身がしっかりしていて美味しいですよね。

せいこ蟹(香箱蟹)も小さいけれど、美味しいですよ。
見かけられましたら是非!
Commented by tanat6 at 2016-11-26 13:39
small-talkさん
雄の松葉は高いんですが、雌のせいこ蟹は実はとても安いんですよ。
一杯500円前後です。
小さいのですが、丁寧に身を取ると結構あります。

お見合いに蟹ですか~(笑)
パーティーや団欒には向きませんよね。
Commented by Mchappykun2 at 2016-11-27 04:19
蟹ご飯、美味しそうですね。
開高健の本はずいぶん沢山読みましたが、これは覚えていませんでした。読んでいないのかもしれませんが。
身を丁寧に取る、これが一番大変なご馳走なのかもしれませんね。
Commented by tanat6 at 2016-11-27 16:30
Mchappykunさん
蟹は身を取るのが……ですよね。
お料理屋さんや旅館で綺麗に取ってあるものをいただくのが一番楽なのですが、家で茹でると ずっと安くいただけますし、悩むところです(笑)

開高健の食べ物の本、面白いですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2016-11-25 11:55 | 料理 | Comments(8)