幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

11月の料理教室

魚の入荷が不安定で、今月の料理教室はほんとうに頭を抱えてしまいました。
何種類かのメニューを用意しておいて、その日入荷していたものに振り替えるという綱渡りのような荒業をやってしまいました。


f0323833_10092776.jpg
昨日のメニュー

和風バーニャカウダー

せいこ蟹(香箱蟹)

穴子丼


寒くなって美味しくなってきた根菜類と烏賊を和風バーニャカウダー仕立てにしました。
ご飯は天然鰻を使いたかったのですが入荷がなく、大穴子に変更。
普通の穴子の四倍くらいの大きさがありますので、鱧と同じように骨切りをして蒲焼にします。


寒くなりましたので器も衣替え、蔦屋さんの漆器の登場です。


f0323833_10085165.jpg
プレートと小椀



f0323833_10082468.jpg
入れ子



入れ子には茹でた香箱蟹を詰めます。
こちらではせこ蟹とかせいこ蟹と呼び、北陸などでは香箱蟹と呼ばれるズワイガニの雌です。
大きくて立派な雄とは違い身を取るのに苦労するような小ささですが、その美味しさは雄に勝るとも劣らない絶品の味です。




漁期は11月始めから1月始めまでと決められており、生徒の皆さんにも解禁されたばかりのせこ蟹を味わっていただきたいと思っていました。
細い脚の先まで全員で身をほぐしてくださり、美味しい味を堪能しました。


その夜の私のひとりご飯は


f0323833_10075673.jpg
穴子の骨せんべい



f0323833_10072698.jpg
蟹のガラの雑炊



さて来週の教室はどうなりますことやら…



今日の一曲は
『Shanghai』

上海蟹ではないのですが、ドリス・ディでどうぞ。

Commented by kei-kana38 at 2016-11-19 16:39
こんにちは。
和風バーニャカウダーのソースが気になります。
何が入っているのでしょうか。
お料理はもちろん、器を拝見するだけで楽しくなります。
Commented by small-talk at 2016-11-19 21:26
穴子の骨せんべい、美味しそうですね!
会社近くの和食レストランで、鯵フライを食べると、おまけ?に鯵の骨せんべいがついてきます。
おまけのほうが、嬉しかったりします(笑)
Commented by tanat6 at 2016-11-20 11:31
kei-kanaさん
蔦屋さんの漆器の登場です~
もちろん夏でもいいのですが、寒くなると漆の優しさが合いますよね。

和風バーニャカウダーは、先日のかぼす味噌にニンニクの摩り下ろし、オリーブオイルが入っています。
Commented by tanat6 at 2016-11-20 11:34
small-talkさん
骨せんべい 美味しいですよね。
タレを作ったあとの骨なので、味が沁みていて 強火の遠火でじっくりと焼きました。
ビールのお供にはピッタリでした。
Commented by yu-yu1117 at 2016-11-20 23:01
大人になるまで、あれはせいこ蟹だとか香箱蟹だとかいうのを知らなくて
(というか鳥取の人は誰もそう呼んでいなかった)
親ガニとか言ってました。
よほど安かったのか冬は毎日食べていたのですが、
子供だった私がお酒飲むわけでもないのに、ちまちまと身をほぐしながら食べるのが面白いはずがなく、
今はあまり食べたくない食材です。(´・ω・`)
ちゃんとこうやってほぐして出してもらってたら今でも大好物だったかも。(笑)

Commented by tanat6 at 2016-11-21 07:29
yu-yuさん
私も実家が山陰に近いので、せいこ蟹よく食べていた記憶があります。
子供の頃はもちろん名前は知らなくて、ただ「カニ」と呼んでいました(笑)

蟹は身をほぐすのが……ですよねぇ~
でも我が家には蟹マシーンがある(いる)んです。
ふふふ…それは夫です。
A型の夫は、蟹の身を綺麗に全部とってから食べ始めるので、私はそれを横取りします。
Commented by africaj at 2016-11-22 17:14
皆さん気になるところ色々ですねw
私は穴子丼が気になるところ!
レシピと共に見せて下さ〜い。
Commented by tanat6 at 2016-11-22 17:54
africaさん
簡単ですので後日upしますね。
タレ多めに作っておくと便利ですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2016-11-19 12:03 | 料理教室 | Comments(8)