幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

輪島塗りと「悠然いしおか」春の宴

初夏を思わせるような陽気のなか宮島へお出かけした後は
悠然いしおか」で春の宴の始まりです。

f0323833_16271884.jpg


蔦屋さんの漆器とshinさんの料理のコラボ
プロの仕事の素晴らしさをお楽しみください。

f0323833_16265845.jpg



甘鯛と新玉葱 コシアブラ
この器のみshinさん所蔵

f0323833_16263951.jpg


前菜
左 稚鮎と野菜の揚げ浸し
絹さや スナップエンドウ 独活 たらの芽 
原木椎茸 こごみ ラディッシュ ヤーコン

右 鮑と平貝 若布浸し
浜防風 蕗


八角重

f0323833_16260888.jpg


造里
ホシガレイ 鰆 甲烏賊


黒漆アンダープレート

f0323833_16254615.jpg


焼物
真名鰹 甘酒焼き
アスパラフライ 花山葵酢漬け


へぎ板 大

f0323833_16252345.jpg


強肴
広島牛炙り 木の芽 花山椒添え


黒漆アンダープレート
マカロンスタンド小皿

f0323833_16245688.jpg


香の物


枡重

f0323833_16243602.jpg
f0323833_16241711.jpg


ご飯
鯛 筍 蕨


福良椀

f0323833_16240022.jpg


甘味
清美ゼリー寄せ


へぎ板 小


これ以上でもこれ以下でもない絶妙な匙加減。
プロの技の真髄を見せていただいたような至福の料理です。

厳選された食材はどれも旬のふくよかな味わい。

山椒の軸の柔らかさには驚きでした。

shinさんの料理をいただくと
いつも自分の未熟さに凹んでしまうtanaですが
それは当然のこと。
凹むのはやめて
しっかりお勉強させていただこうと思うことにしました。

遠方からお越しくださったmikaさんご夫妻、yoshikoさん
ご参加くださった皆さま
そしてご無理を聞いてくださったshinさんと奥さま
本当にありがとうございました。

(mikaさんの記事はこちら→☆
(yoshikoさんの記事はこちら→☆

素敵な器、素晴らしい料理、美味しいお酒
yoshikoさんを囲んでの和やかな宴は
夜遅くまで続きました。


今日の一曲は
『You and Night and the Music』

邦題は…あなたと夜と音楽と

私たちの宴は‥あなたと夜とお喋りと でした。

ビル・エヴァンスのピアノでどうぞ。



Commented by mikarose at 2016-04-22 22:59
tana さん

こんばんは!
ん~流石ですね。お料理が美味しく見えます。
同じお料理を撮ってもお料理を極めてらっしゃる方とはこんなに違うものかと
ジャズを聴きながらじっくり見させていただいております。

最初の小手毬も私は裏を撮ってますから。お恥ずかしいです。

tanaさんのおかげで美味しく、美しく楽しい時間をすごすことができました。
本当にありがとうございました。
偶然にも主人の同級生と同じ職場の方がお2人もいらっしゃったりして
お話しもはずみました。

料理はお品書きを頂かなかったのでどうしようかと悩み
前菜はおひたし?和え物どう書こうかと迷い
いしおかさんにお電話をしましたがお留守だったので・・・
やはりおひたしでしたか~?  美味しいお出汁がありましたものね。

主人と二人になり、手抜きの食卓になってきつつありますが
これを機会にもう少し食を見直してみようかと思っております。

化学調味料のない練り物はお初でして、日ごろ化学調味料づけの食生活を送っている私は
最初は物足りなく思いましたが
噛んで味わっているうちに、これは美味しい~って舌がわかるようになってきました。
目からうろこの数々ありがとうございました。
また是非伺わせていただきたいと思っております。

松山にも、またアンティークツアーにお越しください。お待ちしております。
Commented by tanat6 at 2016-04-23 00:13
mikaroseさん
とんでもないです。
mikaさんのお写真は構図もピントも素敵で、当日同席していた友達もビックリされていました。
私は写真は大好きなのですが、ちっとも上達しません。

お品書きは不明なところはshinさんに教えていただきました。
食べるのとお喋りに夢中で、うろ覚えのものもありました。

shinさんはお料理に合わせてお出汁のひき方も変えられ、そのお出汁が絶妙で いつもお汁まで飲んでしまいます。
日本料理はお出汁をいただくものなのだと 改めて感じさせられます。

蒲鉾、気にいっていただいて嬉しいです。
私もあのお店の練り物、大好きなんです。

これをご縁にこれからも宜しくお願い致します。
またアンティークショップにも伺いたいと思っています。
ほんとうに遠い所お越しいただき ありがとうございました。
Commented by Mchappykun2 at 2016-04-23 00:50
プロとは、かくあるべき、という見本のようなお料理ですね。素晴らしすぎて、ため息しか出てきません。
厳選された旬の食材と、それを最大限に引き出した味付け(であろうと想像します。)。
輪島塗の蔦屋さん、お料理のShinさん、お二人を引き合わせたtanaさん、お料理を召し上がった皆さんのコラボでしたね。素晴らしい会食だったことと想像できます。羨ましいです。
Commented by shin7300 at 2016-04-23 11:22
ご紹介ありがとうございました。
緊張しましたが、とてもいい勉強になりました。
作家さんの器で料理というイベントをしたいと思っていましたので、お話を頂いたときはとても嬉しかったです。

当日まで色々な手配などして頂き感謝です。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by tanat6 at 2016-04-23 11:38
Mchappykunさん
shinさんのお料理をいただく度に 感激と共に幸せな気持ちになります。
本物の漆器と本物のお料理、最高のコラボでした。
いつか こちらのカウンターでMchappykunさんとご一緒できたら嬉しいです。
日本に帰国される時は、是非広島も候補に入れてくださいね~
Commented by tanat6 at 2016-04-23 11:42
shinさん
この度は本当にお世話になりました。
yoshikoさんとのお話があった時、是非shinさんのお料理を蔦屋さんの漆器でいただきたいと思いました。
大正解でした!
これ以上のコラボは考えられません。
私の家庭料理は前座の余興ということで‥(笑)

また伺いますね~
Commented by africaj at 2016-04-25 11:22
感激と幸せな気持ちになるお料理、素晴らしい宴だったのですね。
器リレーというのがまた面白く、
同じ器に料理する人のそれぞれの感性が添えられていて、
一緒に楽しませていただきました♪

shinさんのお出汁、興味津々です。
Commented by tanat6 at 2016-04-26 00:36
africaさん
素晴らしい輪島塗りに shinさんの美味しい料理。
最高のコラボでした。

いつかshinさんのお出汁を味わいにいらしてくださいね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2016-04-22 17:14 | 外ごはん | Comments(8)