幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

輪島塗りに春を盛る

f0323833_11422544.jpg
ご縁とは不思議なものだといつも思います。
いくつかの偶然が重なり、まるで以前から約束されていたような必然へと変っていきます。
ご縁がない時は通りすがりの出会いで終わってしまう場合もあるのですが、その境界線はいったい何なのでしょう。
たぶん同じものを見つめ、同じ価値観を求めているということなのでしょうか。

そんな不思議な出会いから、回を重ねるごとに親しいお付き合いをさせていただくようになった蔦屋yoshikoさん。
昨年の秋から、輪島塗りと広島の食材のコラボをお約束していました。

日が近づくにつれて嬉しいプレッシャーに押し潰されそうになりながら、19日無事イベントを終えることができました。
yoshikoさん、ご参加くださった皆様に心から感謝いたします。

当日はカメラのシャッターを切る余裕もなく、撮り忘れたものもたくさんありますので、yoshikoさんの「漆の会in広島 その1」を合わせてご覧ください。


f0323833_11415233.jpg
カリフラワーのムース


f0323833_11413559.jpg
車海老のスープ


f0323833_11411615.jpg
蒸し鶏 白葱ソース


f0323833_11403226.jpg
蛤と浅利の冷製パスタ


f0323833_11405379.jpg
穴子と筍の混ぜご飯 鯛散らし



当日のメニューご紹介

カラスミ大根
ミル貝と山芋のとろとろ

お造り
桜鯛 水烏賊 夜泣き貝

コッパ(豚煮凝り)

鰹塩締め トマトの冷たいソースで

カリフラワーのムース

車海老の温かいスープ

鶏出汁の薄味おでん

蒸し鶏 白葱ソースかけ

蛤と浅利の冷製パスタ

穴子の佃煮と筍の混ぜご飯
鯛散らし


そして当日は日本のワインで…と思い、ブログで仲良くさせていただいているvinojaponさんにお知恵を拝借。
彼女は、いつも美味しそうなアテと日本のワインを紹介してくださいます。
vinojaponさん ありがとうございました。

f0323833_11400194.jpgf0323833_11391205.jpg

グリド甲州、アルガブランカクラレーゼ。
あと1本お薦めのルバイヤート甲州シュールリーは手に入りませんでした。

f0323833_11384768.jpgf0323833_11375820.jpg

ウエルカムドリンクは獺祭のスパークリング。
赤ワインは、当日参加のNさんが持ってきてくださったシャンベルタン。
フルボディのとても美味しい赤でした。

翌日は「悠然いしおか」のプロの味を堪能させていただきました。
同じ器がプロの手でどんなに素敵に変身するか、どうぞ楽しみにお待ちください。


今日の一曲は
『What a difference a day made』

邦題は…縁は異なもの
ジュリー・ロンドンのハスキーボイスでどうぞ。






Commented by africaj at 2016-04-21 13:12
今、下の記事のリンクで蔦屋さんの記事に飛んできました。
すごーーーーーーーい、このお料理の品数!
漆器、きれいだなー。お料理が映えますね。
デコレーションがまたお花や緑がふんだんできれいっ。

漆器じゃないのですが、蔦屋さんの記事の最後写真の、ほうじ茶?の入った器、これはどこのでしょう。
私、お湯のみをずっと探してるのですが、ラッパ型でこのくらいの厚み、色味のもの、
なかなか出会えなくてっ。

お疲れ様でした。
shinさんのお料理れぽも楽しみにしてます。
Commented by miyukimam-ema at 2016-04-21 20:27
ため息ばかりです・・・
こんな世界があるのですね。。。

サイトでお友達も、参加されるようです
shinさまのお料理も楽しみにしております
有難うございました
Commented by kei-kana38 at 2016-04-21 21:51
こんばんは。
蔦屋さんの漆器もtanaさんのお料理がよそられ、喜んでいるように見えるのは私だけでしょうか。
同じ器がプロの手にどんな風に変身するのか楽しみにしています。
Commented by small-talk at 2016-04-21 22:19
彩り豊かな盛り付けで、カリフラワーのムースなどは、芸術的ですね。
一度で良いから、食べてみたいです(笑)
Commented by tanat6 at 2016-04-21 23:31
africaさん
素晴らしい漆器に助けられて何とか無事にイベントを終えることができました。
yoshikoさんのお話を伺っていると、どんなに大変な工程を経て輪島塗りが出来上がっているのかを改めて感じました。

ほうじ茶を入れているカップは 湯布院の無量塔で求めたもので、作家のお名前は忘れてしまいました。
ごめんなさい。
少し大きめで、お茶を入れても コーヒーでもスイーツでもよく合うんですよ。
夏にまた行く予定ですので、まだ扱っていれば聞いてみますね。
湯布院もかなり大変な状況で、一日も早く日常を取り戻されることを祈るばかりです。
Commented by tanat6 at 2016-04-21 23:36
エマままさん
私の料理はともかく、漆器はため息がでるほど素晴らしいものでした。
そんな器に料理を盛らせていただいて、良いお勉強をさせていただきました。
shinさんのお料理 楽しみになさってくださいね~
後日upしますね。
Commented by tanat6 at 2016-04-21 23:41
kei-kanaさん
蔦屋さんの漆器は それはそれは素敵なものでした。
ドームでご覧になっているんですよね。
私の拙い料理も蔦屋さんの漆器でおめかしさせていただきました。
私の料理が恥ずかしくなるようなプロの技、楽しみにしててくださいね~
Commented by tanat6 at 2016-04-21 23:43
small-talkさん
素晴らしい器に助けられての拙い料理です。
こんなので宜しければ ドラえもんのどこでもドアでお届けしたいです(笑)
Commented by vinojapon at 2016-04-22 08:19
旬の魚介を巧みに使われたそのメニューは勿論、盛り付け、器まで
どれも美しく舌で、目で楽しむひとときだったのだなぁとウットリしておりました。
ワインも皆様のお口に合ったとのことで何よりです。
これから気温が上がるにつれ、甲州ワインのお世話になることが私も
多くなりそうです。
Commented by urushi-yoshiko at 2016-04-22 08:54
tanaさんありがとうございました。
私広島にいるんだよね・・・と勘違いするくらいみなさんと打ち解けちゃったのは
tanaさんのおかげで〜す。
keiさんのおっしゃる通り、我が家の器も喜んでいるようでした。
また来ま〜す♫
Commented by tanat6 at 2016-04-22 22:21
vinojaponさん
この度は ほんとうにありがとうございました。
ワインには詳しくなくて どうしようかと思っていたところでした。
皆さんも とても喜んでくださいました。
これからの季節 きりっと冷えた白 いいですね~
Commented by tanat6 at 2016-04-22 22:24
yoshikoさん
とっても広島にとけ込んでいらっしゃいましたよ~(笑)
もう何年も住んでいらっしゃるみたいに‥
皆さんとも お話が弾んで良かったです。
楽しかったですね。
是非またいらしてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2016-04-21 13:02 | 暮らしまわり | Comments(12)