幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

海の幸まるごとご飯

f0323833_22205375.jpg
殻付き帆立


二枚貝は家でも簡単に殻がはずせますので、出来れば殻付きの新鮮なものを求めてください。
貝柱、ひも、卵、白子は取りおき、それ以外の部分は美味しくないので処分します。

f0323833_22214004.jpg
帆立の炊き込みご飯


材料
 帆立  2個
 三つ葉 適宜

 米2合に
  塩    小匙1
  薄口醤油 大匙1
  酒    大匙1
  昆布   5cm角1枚

①ひもはぬめりがありますから、塩水でかるく洗って3センチくらいに切っておきます。
②卵、白子は一口大に切っておきます。
③炊飯器に米、昆布、調味料、水と①②を入れて炊きます。
④蒸らしに入った段階でほぐした貝柱を入れます。
⑤三つ葉を混ぜていただきます。

f0323833_22220431.jpg
残りはお結びにして冷凍し、私のお昼ご飯に。


f0323833_22224044.jpg
白いものの中身は…
f0323833_22230502.jpg
ストックが残り少なくなったアンチョビーの仕込みです。
1kgの小鰯を捌き塩漬けにしているところです。
アンチョビーの作り方は以前の記事(→☆)をご覧下さい。

桜が咲く頃には、美味しいアンチョビーの出来上がりです。
作り方は簡単ですので、小鰯が手に入る方は是非お試しください。

f0323833_22254395.jpg
庭のあちこちから小さな芽が顔を出し始めました。

今日の一曲は
『An Officer and a Gentleman』
邦題は…愛と青春の旅立ち

春は別れと旅立ちの季節でもあります。
新しい一歩を踏み出す若者たちに素晴らしい未来が待っていますように…。
サリナ・ジョーンズでどうぞ。



Commented by Mchappykun2 at 2016-03-06 01:07
殻付きのホタテを炊き込みご飯にするのはなんと贅沢でしょう。とても美味しそうです。
ホタテは冷凍ものか、お刺身なら冷凍をとかしたものしか手に入りません。後はボイルされたもの。
おにぎりも美味しそう!

なんの芽でしょう?春がやってきているのですね。
Commented by fleur de sel at 2016-03-06 01:33 x
初めまして 仲良くさせていただいているMachappykun さんのプログでお名前拝見お伺いしました。帆立貝は12月から美味しいものが出回っています。殻付きのものです。ごはん炊くの忘れていました。帆立貝の炊き込みご飯は母の得意なものだったのに。反省の限りです。
アンチョヴィーは好きで買うのですが酢漬けとかつみれで塩漬け考えたことありませんでした。保存食作りは好きなのでとても勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by tanat6 at 2016-03-06 09:33
Mchappykunさん
こちらでは殻付きの帆立、よくお店に並んでいるんですよ。
お値段もそんなに高いものではありません。
季節によって大きな卵や白子も入っていますから とてもお得感があります。

私は 好きな花の苗を見つけると、庭のあちこちに植えてしまうので、蕾が膨らむまで何の花か分からないものが いっぱいなんです(笑)
Commented by tanat6 at 2016-03-06 09:40
fleur de selさん
コメントありがとうございます。
Mchappykunさんのところから来てくださったのですね。
彼女には いつも知らないスパイスや珍しい食材を教えていただいている大好きなブロガーさんです。
フランスにお住まいなのですね。
しかも海の近く、街の名前は存じませんでしたが素敵な所だと推察いたします。

帆立の炊き込みご飯、お母さまのお得意料理だったのですね。
海の香りがいっぱいで美味しいですよね。
アンチョビー 仕込みに1ヶ月ほどかかりますが、お試しくださいね。
Commented by small-talk at 2016-03-06 11:14
アンチョビも手作りなさるのですか!
そういえば、昔(30年以上前です)暮しの手帖で、確か、増田れい子さんの取材記事だったと思います。
イタリアでは、トマトの収穫期になると、一般家庭でも家中のガラス瓶をかき集め、一年分の保存用のホールトマトを造る話がありました。
今のイタリアは、どうしているのか知りませんが、結構、自家製で出来る範囲は広いのでしょうね。
Commented by kei-kana38 at 2016-03-06 13:49
こんにちは。
アンチョビも手作り。さすがtanatさん。
夫と娘はアンチョビがいま一つ好きではなく、理由が生臭いというのです。
私は大好きなのですけど。
手作りすると生臭さはあまり感じないですか?
Commented by tanat6 at 2016-03-06 17:36
small-talkさん
広島は地物の小鰯が沢山獲れるんですよ。
アンチョビーに仕込んでおくと色んな料理に使えて便利なんです。
私もトマトが安く出回るようになると 山ほどのトマトソースを仕込みます。
仕込みものは あとで楽ができるので助かります。
Commented by tanat6 at 2016-03-06 17:39
kei-kanaさん
一ヶ月しっかり塩漬けにしてオリーブオイルに漬け込むのですが、私はレモン風味のオリーブオイルに漬けます。
爽やかでとっても美味しく、瓶詰めなどのアンチョビーとはまた違ってフレッシュな感じです。
小鰯が手に入るようでしたら是非手作りお薦めですよ。
Commented by ikako-27 at 2016-03-07 11:06
tanaさんに教えて頂いて作ってみたアンチョビー、簡単で美味しく
便利に使っています。
たくさん作ったのでおすそ分けしてもまだあります。
保存は冷蔵庫ですよね~?

殻付きホタテの炊き込みご飯、美味しさが伝わって来ます。
殻付きホタテを見つけたらぜひ作ってみたいと思います。
Commented by tanat6 at 2016-03-07 23:14
ikakoさん
アンチョビー 作られたのですね~
冷蔵庫で保存すれば1年以上 大丈夫ですよ。
油に漬けているので常温でもいいのかなぁ…とも思うのですが、長期保存するので冷蔵庫に入れています。

帆立まるごとご飯、帆立のヒモからいいお出汁がでますので、是非殻付きでお試しください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2016-03-05 23:05 | 料理 | Comments(10)