「ほっ」と。キャンペーン

幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

またまた捨てない その 1

ポッキーではありません。
f0323833_14382221.jpg
お鮨屋さんでサヨリを頼むと、後で出してくださるアレです。
f0323833_14380485.jpg
サヨリは三枚に下ろし、腹骨をすき中骨はV字に切り取っておきます。
皮は鯖や鯵と同じく、手で簡単に剥けます。
剥いた皮は捨てないでください。

皮を平らに開き、竹串にくるくると巻いていきます。
軽く塩をして直火で炙り、お酒のあてに。

f0323833_14374641.jpg
身のほうは細めのお造りにして、大根の器に入れてみました。

サヨリは春を告げる魚。
お腹の黒さに反して、身はくせのない上品な味です。
生でも火を通しても、一夜干しにしても美味しくいただけます。

今日の一曲は
『You must believe in spring』

まだまだ寒い毎日ですが、春はそこまで。

Commented by iwamoto at 2015-02-08 15:25 x
鰻屋さんの「くりから」で同様のものを見たことがあります。
くりから焼きの方法は色々ありますが、巻き付けるタイプで。
ポッキーじゃ難しいけれど、グリッシーニなら生ハム巻きをよく見ますね。
Commented by shin7300 at 2015-02-08 16:43
美味しそうな大人のポッキーですね。
ご一緒に熱燗をくださいと言いたくなります。

鯖の皮でも出来ないかなと思い、刺身用で剥いた皮を巻いて焼いたら絶品!

さよりと同じ様な薄皮だったら何でも出来るんだと思います。
Commented by tanat6 at 2015-02-08 16:49
iwamotoさん
グリッシーニは少し太いので プロシュートなども簡単に巻けますが、竹串は細いので少しコツを要します。
でも そんなに難しい作業でもありません。
少し斜めにゆっくりと巻いてみてください。
Commented by tanat6 at 2015-02-08 16:52
shinさん
鯖の皮でも できるんですか~
絶対 やってみます!
鯵とか鱚の皮でも 大丈夫ですかねぇ…
Commented by vinojapon at 2015-02-08 16:59
私も同じものをお鮨屋さんで頂いた事があります。
春になると・・・これを頂きにお鮨屋さんに行きたくなります。
あの爽やかな美味しさ・・・嗚呼、春ですね~
細い細い魚ですから一尾で食べられる身の量は限られて
しまいますが・・・。
う~ん、無性にお鮨が食べたくなりましたよ~
(↓の記事の合わせるお酒のお話、私も紹興酒と思っておりました♪)
Commented by mariarica at 2015-02-08 18:28
はじめまして
☆shinさんのところから
参りました 素晴らしいお料理に釘づけです
今日は思わずコメントしてしまいました*
Commented by africaj at 2015-02-08 18:50
へええええ!!
これはすごい!大人のポッキー!!
鯖の皮でも出来るというお話も、聞けてラッキーです♪
やってみようやってみよー。
そして、鰆のお刺身の、大根器、人参のおリボンが可愛いっ。
丁寧ですごいです~。
これ、大根は味付けされてるのですか?
こんな演出、旦那様に作ってあげるのですよね?
旦那様、愛されてますねー。
Commented by evecookymama at 2015-02-08 18:55
初めて見またした。
なんとも美味しそう~
結構なお値段のするサヨリのひと塩。
日本酒の美味しさを倍増しますね。
巻いたお刺身も綺麗~
Commented by tanat6 at 2015-02-08 21:19
vinojaponさん
サヨリのような小魚、インパクトは薄いかもしれませんが 美味しいですよね。
大物の魚より好きかも…

↓↓ 紹興酒でいいですか~
vinojaponさんに賛成していただけると嬉しいです!
Commented by tanat6 at 2015-02-08 21:28
mariaricaさん
コメントありがとうございます。
shinさんは、私の師匠です(…と勝手に決めてます 笑)

こちらこそ宜しくお願いします。
Commented by tanat6 at 2015-02-08 21:34
africajさん
私も鯖の皮では作ったことなかったんですが、↑↑ 教えていただいたので やってみようと思います。

人参は細工し易いように薄塩をしていますが、大根は生のままです。
なので、翌朝のお味噌汁の具になりました。

夫は盛り付けには余り興味がないようで…(笑)
Commented by tanat6 at 2015-02-08 21:36
evecookymamaさん
サヨリの皮の炙ったの 熱燗に合いますよ~

お刺身の方は ちょっと遊び過ぎました(笑)
Commented by shin7300 at 2015-02-08 21:48
tanaさん鱚でも鰺でもできますよ〜
鱚は小型なので大変ですがもじもじやってみてください。

鰤は皮をまな板に貼付けて少し干して焼くと美味しいです。
パリパリしていいアテになります♪

↑師匠だなんてとんでもないです。
Commented by tanat6 at 2015-02-08 22:03
shinさん
鰤の皮でも できるんですか~
面白いですね やってみます。

勝手に師匠と決めて すみません。
shinさんの弟子になりたい~!
Commented by Mchappykun at 2015-02-08 23:34
日本人は本当に魚の食べ方を知っていますね。捨てるような所が却って美味しかったりするものですよね。
細魚,何十年も食べていません。美味しいですね。
細魚,というと團伊玖磨の童謡を思い出します。「さよりは細い。。。。銀のうお、さより、お姉さまに似てる。」というのです。
大根の器に巻いたリボンは人参なのですか?芸が細かい!
Commented by tanat6 at 2015-02-09 01:45
Mchappykunさん
皮とか骨とか内臓とか、捨てられてしまいそうなところって美味しいんですよね。

団伊玖磨の童謡に そういうのがあるのですか。
可愛い歌ですね。
そういえば 昔 「パイプのけむり」というエッセイ集を読んだのを思い出しました。
内容は 殆ど忘れてしまいましたが、食べ物の話もありました。
久しぶりに読み返してみようかな…なんて思ってしまいました。

リボンは人参です。
ちょっと遊び過ぎだと反省(笑)
Commented by studiopinot at 2015-02-09 16:17
皮をこのように頂くのは初めてです
お酒と合いそうですね
丁寧なお料理を楽しませて頂きます。
Commented by tanat6 at 2015-02-09 17:49
studiopinotさん
コメントありがとうございます。
熱燗にピッタリですよ。
捨てるところで一品、お試しください。
Commented by ikako-27 at 2015-02-10 08:06
tanatさん、おはようございます。
あれもこれも・・、使えるのですね^^。
捨てるところがないですね~
これが食べたいために「身」を買う・・なんてこともありそうです。(笑)
Commented by tanat6 at 2015-02-10 12:00
ikakoさん
そうなんです。
捨てられるところには、美味しさがいっぱい残っているんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2015-02-08 14:54 | 料理 | Comments(20)