幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

女子会と言うのも恥ずかしいけれど女子会

気のおけない友達との食事会は、いつも5~6時間にも及びます。
お店の方にも申し訳ないので、途中で場所を移し、食べて飲んでお喋りをして楽しく夜が更けていきます。
今回は女友達三人で、こちらのお店のカウンターへ。
f0323833_15412614.jpg
平和大通りの南側の「山人」さん

f0323833_15411033.jpg
入り口の書は著名な陶芸家の辻村史朗氏によるものだそう


f0323833_15404207.jpg
先付 生雲丹胡麻豆腐

f0323833_15402738.jpg
椀物 鱧 焼蕪 茗荷

f0323833_15400710.jpg
前菜 七品

f0323833_15394458.jpg
造里 天然鯛 いさき 小鰯

f0323833_15392885.jpg
焼物 大田川天然鮎炭焼き

f0323833_15391256.jpg
広島牛炙り ハーブ野菜添え

f0323833_15381563.jpg
穴子の炊き込みご飯 木の芽 牛蒡


今回はコースでお願いしました。
先付は温かい胡麻豆腐で意外でしたが、一品目に温かいものをいただくとほっとします。
二品目のお椀は、椀物でお店の良し悪しが分かるといわれるほど大切な一品。
茗荷が程よく効いていて優しいお味でした。

季節の彩りが美しく盛られ、最後の炊き込みご飯まで美味しくいただきました。
(相肴の冷やし冬瓜オクラ掛けは撮り忘れ…)
f0323833_15361076.jpg
若い職人さんがきびきびと働く姿は、清々しく気持ちの良いものです。
お世話になりました。

ここのところ、晴れているかと思うと急に降ってきて、また青空が覗いてくるという落ち着かないお天気です。

今日の一曲は
『Come rain or come shine』
…降っても晴れても

「降っても晴れても
 お金があってもなくても
 いつも一緒にいようね」
という甘いラブソング。

Commented by urushi-yoshiko at 2014-07-05 21:51
季節の美味しいモノが並んでますね(^_^)
広島は家のお店もとてもお世話になった場所で
私も何度か滞在しました。
宮島口で食べた穴子飯美味しかったな・・・
また行ってみたくなりました(^_^)

Commented by tanat6 at 2014-07-06 00:05
yoshikoさん
広島にいらしたことがあるんですね。
日本海の魚も美味しいものがたくさんあると思いますが、瀬戸内の魚介類も美味しいんですよ。
穴子や牡蠣も有名なんですが、小魚もお薦めです。
Commented by Mchappykun at 2014-07-06 01:02
和食は本当に美しいです。目で食べて、舌で味わって、季節を愛でる。繊細な盛りつけは和食ならでは、素晴らしいです。
気の置けない友達との会食は時間を忘れますよね。何にもかけがえがありません。
広島牛というのあるのですね。最近は各地で酪農が盛んということなのでしょうか?
瀬戸内海の魚介類は本当においしそう。いつかゆっくり訪れたいです。
Commented by shin7300 at 2014-07-06 09:15
先日はご来店ありがとうございました。

美味しそうな写真でホッとしています。
磁器が殆どなく陶器が主の店なんですが、
土っぽい店なので以外に統一されていて素敵なんです。
でも何か磁器が欲しいところですよね。
Commented by tanat6 at 2014-07-06 10:58
Mchappykunさん
和食って本当に繊細で綺麗ですよね。
きっと四季があるということ、茶道の影響など色々とあるのでしょうね。

最近は◯◯ブランドの牛や豚などが 各地にあるようです。
広島牛の他にも幻霜ポークなんていう広島豚もあるんですよ。

瀬戸内のお魚食べに 是非ぜひ お立ち寄りください。
Commented by tanat6 at 2014-07-06 11:07
shinさん
先日は お世話になりました。
友達も大満足でしたよ。
器も素敵です。
磁器は結構お店で使うのは難しいですよね。
山人さんのお料理は土ものの方が向いているかもしれません。

細々としたお話も また…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2014-07-05 16:28 | 外ごはん | Comments(6)