幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

サルグミンヌ その3

こちらもサルグミンヌ。
f0323833_00380052.jpg
前回までのものとはがらっと変わって、デコラティブなオイスタープレート。
周りに牡蠣を並べ、中央にソースを添えたのでしょう。
これは、バルボティーヌといって、型で抜く方法で作られた凹凸のある焼き物です。
野菜や果物などが立体的に装飾されたものが多く、日本の食卓ではちょっと使いにくいものですが、これくらいならちょうどいいアクセントになりそうです。
f0323833_00382465.jpg
実は、私は牡蠣が駄目なのです。
十数年前、一度牡蠣にノックアウトされてから何度か挑戦しましたが、やはり相性が悪いようです。
広島は、美味しい牡蠣の産地。
晩秋から早春まで、ぷっくりとした牡蠣が店頭に並びます。
本来は大好きなので、恐いけど食べたい。
危険は蜜の味。

今日の一曲は
アートブレイキー、ジャズメッセンジャーズで
『Les liaisons dangereuses』
…危険な関係のブルース


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2014-04-07 00:58 | アンティーク | Comments(0)