幸せごはんのJazzかげん 料理、JAZZ、アンティーク、時々暮らしまわりのこと

牛肉の味噌漬け

我が家では、毎日の食事の8割が魚料理です。
お肉は、週に1~2回。
それもほとんどが豚か鶏なので牛肉のメニューは珍しいのです。
でも、牛筋と味噌漬けは時々食卓にのぼります。
f0323833_23434293.jpg
赤味噌(普通の田舎味噌でも)、白味噌を3対1で混ぜ、味醂少々、お酒で生クリーム状態までのばしておきます。
その味噌床に、晒で包んだ牛肉を一晩漬け込みます。
フライパンでレアーに焼き、しばらく休ませてから薄切りにします。
熱いうちに切ると、肉汁が落ち着いていないので、流れ出てしまいます。
クレソン、芹、水菜など青い葉野菜をざく切りにし、塩少々、ごま油少々で下味をつけたものをたっぷりと添え、煎り胡麻をふります。
f0323833_23441415.jpg
盛り付けたお皿の全景はこちら。
100年程前のフランスの陶器で、マークはサルグミンヌ&ディゴアンです。
現代の洗練された真っ白な陶磁器とは違い、象牙色のとろんとした肌質が何とも魅力的。
フランスのシェフたちも、好んで使っているようです。
この窯のお話は、明日も続きます。

今日の一曲は
フランスにちなんで、マイルス・デイビスで
『死刑台のメロディー』
サスペンスの金字塔ともいわれる有名なフランス映画ですが、マイルスのペットなしには、この映画の成功はなかったのではないかと思わせられます。





Commented by shin7300 at 2014-04-04 10:37
私の家も8割が魚。
ほんとtanaさんとは食生活が似ている気がします。

牛肉の味噌漬けおいしいですよね。
昔勤めていた無量塔でもよく作っていました。
盛り付けたフランスの食器も素敵ですね。
Commented by tanat6 at 2014-04-04 11:10
和骨董も大好きですが、フランス、イギリスのアンティークも好きです。
アンティーク ほぼ病気状態です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tanat6 | 2014-04-04 00:26 | 料理 | Comments(2)